本文へスキップ

看護師求人 現状 心理

看護師求人が多い現状と求職者の心理

看護師求人が多い現状と求職者の心理

全国的に多くの医療機関で看護師不足は問題となっていて、看護師求人は非常に多いです。このように多い看護師の求人の中でも必ずしも仕事が決まるということはなく、退職後なかなか新しい就職先が決まらない看護師も多いです。

このような原因には次のようなことがあります。それは前職を退職した理由と、次の職場を探す時の条件です。

退職した病院が人間関係や労働環境であった場合、大きな病院であればあるほど上下関係や同僚との人間関係が複雑となります。

そのため、大きな病院の場合離職率が高いのも事実です。さらにこのような病院では外来や入院で患者がごった返していて、仕事がハードです。とは言え、看護師の資格はとても重要な資格で、大手病院勤務の場合では勤続年数が増えるにつれて、年収が上がるのも確かです。

その反面、小規模な病院の場合では看護師の数も少なく、医師も一人であることが多いため、人間関係も良く定時であることで時間的にも余裕があり、労働環境は良いとは言えますが、年収が低いのも確かです。

一度高い給料を得てしまえば、低い給料の職場を選ぶことは難しく、労働環境の良い働き口を探しても給料が低いという点でそこを選ばないということが多いです。

しかし、看護師求人が多いとは言え年を取れば条件は悪くなります。社会に存在する多くの仕事がで不景気で就職難と言われ、とくに30歳を過ぎた求人市場で、就職先を探すことですら困難と言える中で、看護師求人が多いことはそれだけでも良いことです。働く意味を考えて、長く働ける良い就職先を選びましょう。

informationお知らせ

  • ただいまお知らせはありません。

    お知らせはありません。

看護師求人の謎!看護師求人の謎!